スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国紳士としてはね

2009–01–11 (Sun) 06:48
ゲームは寝オチするまで電源落とさないのが英国紳士としての嗜みです。

。 
レイトン3がやっと終わりました!面白かったです。
総まとめ編なようなでっかい話でついつい引き込まれちゃって

というか萌え狙い始めたのかうっかり引っ掛かってしまって

こんな時間なのです。いつの間に…。このナゾだけは永遠に解けないorz

今回の見所はルーク少年の、
レイトン教授を狙う女学生を女狐と呼んだり、

どんな時にもレイトンカーの助手席をけして譲らない
暴走気味の慕う心が見所です^^

この子最終的には自分で事件起こしてまで一緒に居たがりそうで燃えてきた。
ロンドン版八百屋お七です!

あと特筆すべきは青年ルークですけど
こっちもレイトン愛が止まらなくてどうしようもなかったです。
皆レイトン先生好きだなあ。
そんなようなラブラブ謎解きゲームです。

いやーしかし、
ルークの痛々しい愛も
青年ルークの年季の入った偏執的な愛も
気にせず我が道を行くレイトン先生が見たいっす。

その場合、レイトン先生を×のどっち側に置いて検索すればいいのか、

今、最後のナゾ解きに挑んでるわけです。

寝かせてくれないなんて英国紳士じゃないと思います。ハアハア

 
スポンサーサイト

« お正月と切なさと心強さを | HOME |  なんと言う事だ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://daidaicombo.blog17.fc2.com/tb.php/198-d15b3b20

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

牛島

Author:牛島
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。