スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうすることも出来ないのだけど

2010–08–26 (Thu) 04:53

無断でネットに出して
怒りそうな気もするんだけど
自分の作品を始めて
二次創作してくれたこれらは、
今でも見る度に感謝と
感激を思い出します。 宝物。


色々悪い事したな~とか思うけど
立場とスキルが違いすぎるから
どうしていいのか分からなかったんだよ。
あと私はバカなんだ。数年経たないと理解できないんだ。
とても面倒見のよい人でした。
遊んでくれてありがとねー。


あそこまで一緒にバカ出来る人は
なかなか居ないので寂しいけど
頑張ります。



棚がひとつ片付いた。まだまだ。


スポンサーサイト

スゲー気になる

2010–08–26 (Thu) 00:37


平成アトムのネーム!
この後どうさせる気だったのか
自分で書いといてすごく気になる。
ウランとリノにハマってました。
仲良しでいいよね。


新しい携帯になって
画像サイズがよくわからんちなんですが
スゲー事になってたらごめんなさい。


まだまだ片付かない(`皿;)

マジョッコ

2010–08–25 (Wed) 14:42



前に良く遊んでた人が
魔女っ子ファンで
全ての呪文を唱えられる
魔法使い♂でした。


魔女っ子ソングは嫌いじゃないので
ドライブ時はよく聞いたもんです。
(花の子ルンルン大好き)


「これで勉強すると良い」と
魔法使い♂はこれらをくれました。


要らないと言えなかった私にバイバイ…!
もちろんこれもバイバイ!

強く生きます。



泣けるぜ

2010–08–25 (Wed) 09:58

うわー超懐かしいファミ通(?)か何かの切り抜き。

犬飼う事になったので
数年ぶりに本気で部屋の物捨ててます。
バイオは捨てないけどね!
マイルームにワンコが来ると良いので
スペース確保に生きる希望さえ見出しかねない
本気の片付けです。

私の片付けスキルって
→捨てる
→人にあげる
→詰め込む

なんだけど、他にあるのか片付けの方法。


しかし私は前世がリスだったんじゃないかと
思うくらい物をため込んでるなァ。


入院してた話とかはブログに書いたっけ?

間違った処方でなかなか症状が治まらなくて
退院させてもらえず、
点滴を10回もやり直しされるわ
(成功率10%で跡になっちゃったよ)
血管に多めに空気入れられるわで大変でした。
点滴が漏れて腕が左右で違うくらい腫れてんのに
訴えても「あなたの血管が
細いからどうしようもない」の
一点張りで若い看護師が大嫌いになりました。
腕がやばくなってるのに気づいて
くれたのはことごとく40代前後で
(この人らは一発で点滴直してくれた。
太い針を使ってくれたので
それ以降は詰まらずに
腫れた腕も暖めた方が良いと
テキパキ面倒みてくれた。
点滴終わったらすぐナースコールしなさいとか。
他の人は「終わった頃また来ますね~」と去ってく。
終わっても来ないから血が詰まる。痛い。)

この世代が居なくなったら
病院なんか行ってもトドメさされに
行くようなもんかも。看護師の話ね。
ずっと流し続けなきゃ死ぬような
重要な点滴だったら死んでるもん。
一袋と半分が筋肉の方に漏れてて
すごく痛かっただ。


後に、別件で若い看護師に文句言ったら
点滴が痛くて仕方ない話をしたらポロッと
「そういう時は腕冷やした方がいいですよ(^O^)」
と言われて
ふざけんなよ、自分の腹に腕を乗っけて
温めながら毎晩耐えてたんだよ!
腕の体温が維持出来なくて寒いんだよ。バカー。

ちなみにその人自身は点滴の経験ないそうです。
研修に血管外に漏らすの入れたらどうか。


対応がとにかくひどいんだ。
言葉もフランク過ぎて幼稚園児みたいな扱いです。


人手不足で片付かないエピソードを
大量にやられたのでもう本当
若い看護師には
恐怖してしまう。



逆に医者は中年のが頭が固い人が多い気がする。

今回の主治医もクソ野郎で治ってないと

「昨日よりマシだろうが~!」と患部ぐいぐい押して
マジ切れするし、回診は5秒だし
説明なんもないし、聞く度に
虫垂炎だの胃腸炎だの、
腹開いてみないと分からないだの
結局なんだったのか教えて貰えず。
一応診断書には胃腸炎て書いてあるけど
虫垂炎の説明をされたので「???」でした。

とりあえず治ってないけど
逃げるように退院して
評判のいい胃腸科の町医者行ったら

結局私を苦しめてたのは
急性の腸炎と、過敏性腸症候群だったそうで
(便秘タイプで今まで気づかなかった)
最初の抗生物質以外、要らない
胃薬飲まされてたわけです。
治るか、そんなんで。


後で聞いたら友人の母さんも
私が入院した病院でで亡くなってて
もしかしたら他の病院なら
助かったんじゃないかなと
思ってしまいました。

同時期に入院した隣のおばさんも
ご飯食えなくて毎日全部残して
一日中胃液を吐くんだけど
(だから一日中隣のゲロとゲップ音でしんどかった)
それの対応もすっごく遅くて
意識朦朧になってからやっと
対応し始める感じでした。

だんだん言動がおかしくなってくのが
怖かったよ。居ない人に喋りかけてた。


それで本気で家から出られなくなったり
寝れなくなったり、退院後の
傷跡がひどかったス。


今は家族と友人らと
金魚たちと新しく来るワンコが
楽しみで元気になってきてます。

前の犬に色々後ろめたい事があるので
(散歩短く切り上げたりとか、変に構い過ぎたりとか)
飼いたくなかったんですが

今度はちゃんと頑張ります。

お部屋片付けなくちゃ!

ピグミーダッチッチが噛まれないように
高い所に棚も作らなきゃ。


 | HOME | 

プロフィール

牛島

Author:牛島
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。